不倫相手を見つけたい

セカンドパートナーの募集方法って?効率よく探し相手を作る2つの提案

「セカンドパートナーってそもそも何?」

「セカンドパートナーを作る方法を知りたい!」

この記事は、このような悩みを解決しています♪

 

肉体関係がなく、プラトニックな恋愛でイチャイチャしたいと思ったら、セカンドパートナーを作るとよいでしょう。

結婚をすると、恋愛的な刺激が一切なくなるため、退屈に思う人もいると思います。

しかし、セカンドパートナーを作れば、その悩みも解決しますよ♪

 

blank
今回は、セカンドパートナーの存在について解説して、どうやって募集するのかを紹介するわ!気になる人は必見ね!

 

【よくわかる解説】

  • セカンドパートナーはプラトニックラブが主流
  • 人によってはヤリモクもいる
  • 気兼ねなく恋愛ができる

そもそもセカンドパートナーとは?

セカンドパートナーとは、その名のとおり、今いるパートナーとは別にパートナーを作ることを指します。

「不倫と何が違うの?」という人も多いので、簡単に解説すると、肉体関係があるかどうかです。

 

法律上で、不倫が認められるケースは、”男女間に複数回不貞行為があった場合”です。

この場合、不貞行為とはセックスのことを指し、数回に及んで行為をした場合は、不貞行為として認められるので注意しましょう。

しかし、セカンドパートナーの場合は、肉体関係が一切ないパートナーのことです。

 

友達以上恋人未満のような関係で、以下のようなことをします。

 

【セカンドパートナーとすること】

  • 休日にデートをする
  • 手をつなぐ
  • ハグをする
  • 恋人のようにイチャイチャする

 

このように、付き合う前のカップル・付き合いたてのカップルのようなことをするのが、セカンドパートナーです。

結婚をしている人で、パートナーとの関係性がマンネリ化してきたら、セカンドパートナーを作るとよいでしょう。

セカンドパートナーを作るメリット・デメリットを紹介!

セカンドパートナーを作る場合、メリット・デメリットがあります!

仮に、セカンドパートナーを作ろうと思っているなら、いずれも把握しておきましょう。

具体的には、以下のとおりです。

 

【セカンドパートナーを作るメリット・デメリット】

  • メリット:恋愛を楽しめる
  • メリット:プラトニックな関係が続けられる
  • デメリット:不倫に発展しやすい
  • デメリット:人によってはヤリモクもいる

 

特に、恋愛を楽しみたいと思っている人や、プラトニックな関係を続けたいと思っている人は、セカンドパートナーを利用するとよいでしょう◎

ただし、セカンドパートナーを作りたい人を狙った、悪質なヤリモクもいるので要注意です!

メリット:恋愛を楽しめる

セカンドパートナーを作れば、純粋な恋愛が楽しめます!

むしろ、それを目的に作っている人も多いです♪

既婚者になってから、出会いが減り、パートナーとの会話も減り、いつしか女性として見られなくなった……そういう経験をする人も多いと思います。

 

そういう人だからこそ、セカンドパートナーを作るべきです!

私の知人は、パートナーとの関係性は悪くないものの、恋人のようなイチャイチャはしないそうです。

しかし、女性というのはいつまでも乙女でいたいもの。

 

セカンドパートナーを作って、以下のようなことを定期的にしているそうです。

 

【知人がセカンドパートナーを作ってしていること】

  • お互いの休みがあったときにデート
  • 軽いスキンシップ
    (例:ハグ、手をつなぐなど)
  • ショッピング
  • 食事デート

 

感覚でいうと、学生の頃に付き合っていたときが一番近いそうです。

セックスを知らないピュアな恋愛で、性欲よりも”恋愛”をメインに楽しむような関係性です。

 

blank
人によってはキスもOKしてるみたい!セックスがないだけで、あとは恋人同然よ!

メリット:プラトニックな関係が続けられる

セカンドパートナーとの関係は、基本的にプラトニックなものです。

プラトニックとは、肉体的な関係は一切なく、精神的な恋愛をすることを指します。

ただ、現代の恋愛では、必ず性的な関係に発展することから、疎遠になっている人も多いです。

 

しかし、既婚者が肉体関係ありきのパートナーを作ってしまうと、不倫になってしまいます。

「そもそもなんでセカンドパートナーを作るの?」という人のために、簡単に解説すると、普段の生活に刺激が欲しいからです。

 

知人でセカンドパートナーを作っている人がいるので、話を聞くと以下のことがわかりました。

 

【セカンドパートナーを作っている人の例】

  • 本来のパートナーとのセックスはしている
  • デートをするようなことはなくなった
  • 恋愛的感情もなく”行為”としてセックスをしている

 

セックスは、普通にパートナーとして、恋愛面の感情のみをセカンドパートナーで補うようなケースです。

肉体関係を結んでいるわけではないですし、パートナーも許可しているそう。

友達以上恋人の未満の関係で、ライン引きをしているため、やましい気持ちになることはないそうです。

 

そのため、パートナーと恋愛だけを楽しみたいと思っているなら、セカンドパートナーを作るとよいでしょう!

デメリット:不倫に発展しやすい

セカンドパートナーには、デメリットも存在します。

個人的に注意したほうがよいと思うのが、不倫に発展しやすいということです。

セカンドパートナーを作ろうと思って、異性とそのような関係になったとしても、結局は肉体関係に発展します。

 

基本的に、セカンドパートナーを作る際は相手も既婚者のケースがほとんど。

お互いの境遇や立場を理解しているからこそ、肉体関係に発展しない前提で会っています。

 

しかし、お互いがセックスレスの状態で出会って、恋人のようなことをして、手をつないだりキスをしたりすると、肉体関係に発展しないほうがおかしいです。

これが、”処女・童貞”ペアなら話は別ですが、いい年した大人がそれで満足できるわけがありませんからね……。

 

状況次第では、ライン引きをしていたとしても、相手から求められることもあるので、注意しましょう!

デメリット:人によってはヤリモクもいる

セカンドパートナーを募集する際に気を付けたいのが、ヤリモクの存在です。

女性は、自分から誘わない限り、肉体関係に発展することはありません。

男性よりも現実的ですし、関係性をよく理解しているからです。

 

しかし、男性の場合は、少なからず下心があります。

むしろ、最初からヤリモクでセカンドパートナーを作ろうとしている人も少なくありません。

 

以前、私も出会い系アプリでセカンドパートナーを探していました。

実際に出会うまで発展しましたが、アプリ上でやり取りしていたこととは別のことを求めてきたので、関係を切りました。
(具体的には以下のとおり)

 

【セカンドパートナー目的の男性がしてきたこと】

  • ディープキス
  • ホテルに誘ってくる
  • 食事の特に頻繁にお酒を進めてくる

 

いい大人が、プラトニックな関係だけで満足できるわけがありませんからね……。

そのため、あなたがセカンドパートナーを作ろうと思っているなら、よくやり取りをしたうえで出会ったほうがよいかもしれません。

セカンドパートナーの出会い方・募集方法を徹底解説!

セカンドパートナーを作りたい場合、リアルな出会いよりもネットでの出会いを重視したほうがよいです!

複数の方法がありますが、特におすすめなのは以下のとおりです!

 

【セカンドパートナー募集で使える方法】

  • マッチングアプリを利用する
  • 出会い系アプリを利用する

 

どちらもおすすめの方法ですが、マッチングアプリは既婚者の利用が禁止されています。

そのため、アプリを利用して出会う場合は、既婚者ということをバレないようにしましょう。
(あるいは同じ既婚者を狙うかです!)

マッチングアプリを利用する

セカンドパートナーを作りたいなら、マッチングアプリを利用するとよいでしょう。

出会い系アプリに比べると、恋愛目的で登録している人が多いので、プラトニックな恋愛にもつながりますよ◎

ただ、どのマッチングアプリも既婚者の利用が禁止されています。

 

仮に、アプリを使う場合は、既婚者ということを隠して利用しましょう。

おすすめのアプリは複数存在しますが、特におすすめなのは以下のとおりです!

 

【おすすめのマッチングアプリ】

  • ペアーズ
    →最も会員数が多く出会いやすい
  • タップル
    →気軽にサクッと出会える
  • with
    →恋愛目的の人が多くセカンドパートナー募集に最適

 

どのアプリも、目的によって利用を変えるとよいです。

単に友達を作りたいだけなら、タップルがおすすめです!

気軽に出会えるような、”おでかけ機能”というものも存在しますし、とりあえず出会いたいと思っている人に最適ですよ♪

 

blank
既婚者を気にせず出会うなら、出会い系アプリのほうがおすすめよ!マッチングアプリは、バレた時点で垢バンを食らうから要注意!

出会い系アプリを利用する

既婚者で出会いを見つけたいなら、出会い系アプリを利用しましょう。

セカンドパートナーも簡単に作れますし、出会いに発展しやすいのでおすすめです◎

また、マッチングアプリに比べると、既婚者の利用は規制されていません。

 

blank

 

むしろ、アプリによっては、プロフィール検索に既婚者かどうか選択できる項目がありますからね!

相手も既婚者がいいと思ったら、既婚にチェックを入れて検索しましょう。

 

ちなみに、出会い系アプリでセカンドパートナーを募集する場合は、ヤリモクが多いので純粋な出会いができる人を選ぶことをおすすめします。

ヤリモク系が多いので、難しいかもしれませんが、純粋な出会いを求めている人は必ずいます。

それに、登録している人が多いので、一人に固執する必要はありませんよ◎

セカンドパートナー募集におすすめな出会い系アプリ3選!

セカンドパートナーを募集するなら、出会い系アプリを利用しましょう!

おすすめのアプリは複数存在しますが、個人的におすすめなのは、以下のとおりです。

 

【セカンドパートナー募集におすすめな出会い系アプリ】

  • ワクワクメール
  • ハッピーメール
  • PCMAX

 

どれも出会いに発展しやすく、会員数も多いアプリなので、積極的に活用していきましょう!

募集をするなら掲示板投稿がおすすめですが、自分から検索して見つけるプロフィール検索のほうがおすすめです。

ワクワクメール

blank

ワクワクメールは、900万人以上が登録している出会い系アプリです。

セカンドパートナー募集にも使えるアプリで、アクティブ率も高くおすすめです◎

 

blank

 

基本的には、プロフィール検索を活用してユーザーを見つけていきます。

ここで意識したいのが、興味あることで”H目的お断り”をチェックしておくことです。

こちらにチェックを入れると、以下のような男性が表示されます。

 

  • 食事目的
  • 友達募集
  • セカンドパートナー募集

 

特に、セカンドパートナーを募集している人を見つければ、話が早いです。

パートナーとの関係が良好で、恋愛をセカンドパートナーと楽しみたいと思っている人が、最も出会いに発展しやすいですよ♪

狙うなら、そのような男性にしましょう◎

ハッピーメール

blank

ハッピーメールは、会員数2,500万人以上が登録しており、出会い系アプリのなかでは、最もアクティブ率が高いとされています。

また、アプリをテーマにした映画が公開されて以来、純粋な目的で利用する人が増えました。

 

blank

 

男女問わず、恋愛目的・セカンドパートナー募集で登録しているので、相手を作りたいと思っている人におすすめです◎

また、ハッピーメールは、条件検索で既婚かどうかを選択できます。

 

blank

 

セカンドパートナーでは、既婚者と出会うのが主流です。

そのため、条件検索で既婚者を選択しておくと、話がわかる人を見つけやすいですよ♪

出会いやすい優良アプリなので、気になる人は登録してくださいね◎

 

PCMAX

blank

PCMAXは、1,500万人以上が登録しており、アクティブ率も高いのでセカンドパートナーを作りやすいと思います。

私が出会いを見つけるときは、PCMAXを使っています!

数年使ってきたなかでは、以下の特徴があるアプリです!

 

【PCMAXの特徴】

  • コンテンツが豊富で出会いやすい
  • 変な人が少ない
  • 食事目的、遊び目的が多め
  • 純粋な恋愛を求めている人もいる

 

コンテンツが豊富なのは、PCMAXの最大の特徴だと思います!

 

blank

 

年々会員数は増えていますし、今のうちから登録して、出会いに発展させるとよいでしょう!

まとめ

セカンドパートナーは、肉体関係は一切なく、精神的恋愛をするような関係なので、不倫には該当しません。

そのため、パートナーとは別に、刺激的な恋愛をしたいと思っている人は、セカンドパートナーを作るとよいでしょう!

その他にも、以下の目的がある人は、セカンドパートナーをおすすめします!

 

【セカンドパートナーがおすすめな人】

  • プラトニックラブをしたい
  • 不倫をしてトラブルを起こしたくない
  • パートナーとは別に彼氏・彼女が欲しい

 

純粋に恋愛を楽しむだけなので、やましい気持ちは一切ありません。

恋愛を楽しみたい人や、エッチな出会いを求めていない人におすすめです!

-不倫相手を見つけたい