その他

【おすすめ不倫アプリ】出会い系&マッチングアプリで出会う既婚女性が急増中!

本記事でわかること

・不倫・既婚者には不倫アプリをおすすめする理由
・不倫には絶対使ってはいけないマッチングアプリ一覧
・確実に出会える!不倫に使える出会い系アプリ&マッチングアプリ
・バレる可能性を極限まで抑える不倫アプリの使い方

パートナーに不満があって不倫したいという女性もいるのではないでしょうか?『旦那に愛情がない』『浮気された仕返し』理由は人それぞれかもしれないですが、不満を貯めたままではストレスになります。

正直旦那との夫婦生活にマンネリして飽き飽きしていませんか?

本記事では安全に不倫相手を見つけることができる不倫アプリについてお話していきたいと思います。100%バレない!というのは難しいですが、記事に書いてあるようなリスク管理をすることで限りなくバレにくくすることができます。

 

結論からいうと真面目系のマッチングアプリの場合の場合は一般ユーザーが多く、知り合いにバレてしまう可能も少なくない。老舗の安全に使える出会い系アプリの【アダルト掲示板】を活用することで既婚者でも出会いを作ることができます。

 

既婚女性に不倫アプリをおすすめする理由と不倫の真実

世の中では芸能人でされ不倫をバンバンしているのです。身バレしにくい一般人なならなおさら。じゃあみんなは一体どこで不倫相手を見つけているのでしょうか?

不倫している女性はみんなが知っている以上にいる

女性でも不倫相手がいる割合

出典:女子SPA

あなたのまわりに不倫している人っていますか?実は知られていないだけでこんなに不倫をしている女性はいるのです。10人に一人以上いるのは驚きですよね。

みんな周りに言っていないだけでこそこそと不倫しているのです。じゃあその出会いはどこでつくるのか?

実は不倫はリアルの場で行われることが多い

不倫相手との出会い出典:女子SPAより

既婚者が不倫相手と出会う場所として多いのは

・同じ学校
・同じ会社
・友人の紹介
・元からの友達

がほとんどでリアルな出会いがメイン。実はこれは注意が必要です。リアルな場所で出会うとどうしてもどこかでつながりがあり、バレる可能性もあります。

特に男性は男同士で集まると不倫・セックスネタと話しがちです。ここから告発でばれたりすることもあるのでリアルなつながりがあるところで出会いを探すのはおすすめしません。

リアルな出会いよりも出会い系やマッチングアプリなどで不倫をした方がばれない

みんなリアルな場で出会いを作っていることが多いのは先に解説しましたが、注目すべきは『その他』という部分実はその中にはアプリやSNSを使った不倫の出会いが含まれてします。

リアルな出会いと違いオンラインで不倫相手を探すことのメリットとして、リア友のつながりができにくいので密告や

アプリを使った出会いの市場規模

アプリを使った出会いの市場規模は右肩あがりで日々成長しています。自宅にいながらスマホで相手を探すことができるのでいちいち外に出なくてもいいのでコスパが非常に良いのです。

不倫アプリ内でやりとりすることでスマホチェックでバレにくくする

不倫がバレる要因として一番なのがやはりスマホチェックです。スマホをチェックされたときに真っ先に見られるがLINE。不倫アプリ内でやりとりをしていれば、いきなりスマホチェックされてもすぐにはバレにくいです。

多くの人はLINEのメッセージをみて何も無ければ一安心するのでよほどの警戒心がある場合を除いてバレる可能性は低いでしょう。

不倫アプリはコストがかからない

不倫アプリをおすすめする理由の一つに『コストがほぼかからない』という点があります。リアルな場で出会いを作ろうとするとどうしても外に出かける費用がかさんでしまいます。

でも不倫アプリを使った場合、女性の場合基本的に無料で使うことができます。これが最大のメリットでしょう。じゃあどんなアプリを使っていけばいいのでしょうか?

既婚者は真面目系のマッチングアプリは使ってはいけない

不倫に使えるアプリの種類として使えるのは出会い系もしくは、マッチングアプリになります。

マッチングアプリの特徴

真面目にな出会いに使われることが多く、不倫に使えるアプリは数少ない。既婚者が不倫目的使うと通報されアカウントが停止させられる危険性もあり。

出会い系アプリの特徴

マッチングアプリとは真逆のアプリで暇つぶしや遊び相手探し、アダルト掲示板では不倫相手の募集をかけることができるので不倫アプリとしてはこちらの方が多い。

上記で解説したとおりにマッチングアプリのほとんどのマッチングアプリは不倫アプリとして使うことができません。国内の出会い系&マッチングサービスの特徴を一覧にまとめました。

サービス名 利用用途 カテゴリー
ペアーズ 恋活 マッチングアプリ
with 恋活 マッチングアプリ
タップル 恋活・遊び マッチングアプリ
Omiai 恋活 マッチングアプリ
Tinder 遊び・飲み相手・恋活 マッチングアプリ
ハッピーメール 遊び・セフレ・不倫 出会い系アプリ
ワクワクメール 遊び・セフレ・不倫 出会い系アプリ
PCMAX 遊び・セフレ・不倫 出会い系アプリ
Jメール 遊び・セフレ・不倫 出会い系アプリ
YYC 遊び・セフレ・不倫 出会い系アプリ
ラブサーチ 遊び・セフレ・不倫 マッチングアプリ
Sepa 既婚者同士 マッチングアプリ
イククル 遊び・セフレ・不倫 出会い系アプリ

国内で有名な出会い系とマッチングアプリ、さらに不倫アプリとしての利用の可否を記載しています。以下のアプリだけは絶対に使ってはいけません。

ペアーズ

登録者数1000万人を超えているマッチングアプリの一つ。登録者数も多く女性も男性も基本的に恋活目的で利用している人がほとんど。

不倫目的で利用すると運営に通報されて垢バンされる危険性もあります。不倫相手探しではおすすめはできませんが、真面目に恋活したい方はかなりおすすめ。

自分の半径10km〜100km以内を設定して、相手を探せる機能もあるので近所で恋愛したい人には重宝するでしょう。

Omiai

登録者数400万人のマッチングアプリ。マッチングアプリの中ではペアーズ以上に真面目なユーザーが多く、不倫目的で一番使ってはいけないマッチングアプリ。

こちらもペアーズ同様に人気のマッチングアプリ。既読機能がついていたり、非表示機能で自分を特定の人以外に隠す機能がついているのた特徴。

もちろんアプリ名のとおり、不倫目的で使った相手がツイッター民だった場合はさらされる危険性もある。

 

with

登録者数は100万人程度と他のアプリと比較するとユーザーは少ないですが、実力は右肩上がりのマッチングアプリ。メンタリストDaiGo監修で恋愛の心理診断もあり。

もちろん使う目的は恋活がメインなので不倫などの用途に使うのはNG。

 

タップル誕生

真面目度は上の3つには劣りますがメインの利用は気軽な出会い〜恋活まで。不倫の出会いに利用してしまうとアカウントは停止させられる可能性もあり。

しかし、気軽な出会いがコンセプトですが、恋活に使う真面目な人もいるので不倫アプリとして使うのはNG!

理由は真面目系のマッチングアプリは既婚者が使うと垢バンされる可能性が高い

上記のマッチングアプリは登録者数も多く(100万人を超えると多い)基本的な用途は真面目な出会いなどの恋活がメインとなります。

恋活以外で使うと真面目に出会いを求めている人から反感を買い通報されたり、ツイッターで晒される危険があるので不倫目的では絶対に使わないようにしてください。

さらに未婚の一般ユーザーも多いので独身の方にバレる可能性も高い

マッチングアプリの場合は独身でユーザー数も多い。しかもマッチングアプリの場合はきちんと顔写真を登録しなければいけないのです。

もし、知り合いに顔バレしてしまった場合どこからか情報が漏れ、あなたが不倫しているのが報告されてしまう恐れもあります。恋活系のマッチングアプリの場合はその確率があがるので絶対に使ってはいけないのです。

 

使うべきは『大人の関係』などで使える既婚者専用のマッチングアプリや出会い系

恋活系のマッチングアプリは使うのは危険ですが、少数ある既婚者も使うことができるマッチングアプリやきちんと大人の関係を作ることができる出会い系アプリを使うことで不倫相手を探すことができるのです。

次からは不倫アプリとして使えるアダルト掲示板がある出会い系アプリから数少ない既婚者同士ので使えるアプリを紹介していきたいと思います。

 

【おすすめ不倫アプリ】出会い系からマッチングアプリまで

ここからは不倫アプリとして使うことができる出会い系を中心に紹介していきます。本記事内で紹介するアプリは

・インターネット異性紹介事業の届け出を出している合法アプリ
・不倫系のアダルト掲示板がある
・自分の写真を登録しなくても利用できる
・不正ユーザーは取締りあり
・もちろん自宅にいながらスマホで不倫相手を探すことができる

このように安全に使えるアプリを紹介します。選び方を間違えるとインターネット異性紹介事業を届け出ていない非合法な危険アプリなどに会うこともあるので注意です。

インターネット異性紹介事業とは?

インターネットを介して出会いを提供するアプリを運営する企業はこの届出を警察に届け出なくてはなりません。逆にこの届出を出していないと非合法の出会いアプリとなります。

 

ハッピーメール

ハッピーメールという出会い系アプリの一度くらいは聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?運営歴も長く、延べ会員数も国内でトップ。

データは2018年ですが真面目な恋活アプリを除けば国内トップクラスのアプリ。

出会い系アプリの市場規模

王道の出会い系アプリと言えるでしょう!用途は遊び、飲み友探し、不倫アプリとして様々。基本的に真面目な恋活というよりは遊び相手探しの側面が大きいです。

 

不倫相手を探す場合はプロフィール検索から探してもいいですし、アダルト掲示板などから探すと不倫相手を見つけ易いでしょう。

 

ワクワクメール

ワクワクメールはハッピーメールに劣るものの国内では知名度の高いアプリ。ハッピーメールの場合は飲み友からの恋愛などなくはないですがこのワクワクメールは全く違います。

簡単に言うと人間の欲望にまみれた出会い系。これが不倫、パパ活、セフレ探し主な用途。マッチングアプリや出会い系のサイトを運営していわかるのは恋活系のアプリよりも大人の関係を求める出会い系のユーザーが圧倒的に多いということ。

マッチングアプリに登録する人が1としたら出会い系に登録する人は4ほど。このくらいみんな不倫、セフレ、パパ活などの欲にまみれた出会いを望んでいます。

登録者数はハッピーメールには劣るもののブラックな出会いを求めている人の上澄みだけをとったらその欲望の濃さは国内最大級。

誰しも欲望には勝てないもの。人間の本質だと思うのでその欲望にまみれてしまっていいのではないかと思います。

 

 

PCMAX

PCMAXはハッピーメール同様気軽な出会いがコンセプト。ハッピーメールには劣るものの登録者数1000万人以上と国内ではトップクラスの出会い系アプリ。

出会い系の中では真剣度は高い方なので一応恋活にも使えますが、問題なく不倫アプリとしても使えるでしょう。真面に恋活したいなら圧倒的にマッチングアプリが有利なのでこの記事に書いてあるアプリは使わないようにしましょう。

ここまでは王道の出会い系なのでまずは上記3つから選ぶべし

前述したハッピーメール、ワクワクメール、PCMAXの3つが出会い系の知名度としては高いので不倫アプリ初心者はいづれかを使うことをおすすめします。

特にハッピーメールは非表示機能があり、自分のアピールした人以外からプロフィールを隠すことができるのでこっそりバレずに使いたい人はまずハッピーメールを使ってみるといいでしょう。

上記3つよりは知名度は劣りますが運営歴の長い人気アプリです。

Jメール

Jメールも出会い系の中では老舗のアプリ。運営歴は18年ととても長いのです!マッチングアプリ、出会い系アプリの市場規模は右方あがりなのでは前述しました。

市場規模は大きくなる一方で売上が伸びず淘汰されてしまう出会い系を数多くみてきました。その中でも18年間潰れず運営している出会い系はなかなか無いのでは?と思います。

ただ、アプリの見た目がちょっとダサいのが欠点・・・

 

イククル

国内累計登録者数は1300万人を超えた人気アプリ。登録者数1300万人超えは国内でもトップクラス。もちろん現在でも登録者数は増えていますので不倫アプリとして問題なく使えます。

 

sepa

最近登場した既婚者同士が使えるというマッチングアプリとかなり希少なサービス。既婚者同士なので安心して使うことができますが、まだリリースされて1年も経過していないサービスなので地方では登録者数は少ない。

これからの伸びに期待したい既婚者同士の不倫アプリです。

 

ラブサーチ

ラブサーチはマッチングアプリの中では珍しく既婚者でも使ってOKなアプリ。出会い系アプリの場合は女性は無料ですが男性は従量課金制。

でもラブサーチは月額制なので料金を気にせず遊ぶことができるアプリです。ただし、老舗の出会い系アプリのハッピーメールなどと比較すると知名度は低いのが欠点。

 

検索に出てくる不倫サイト『アシュレイ・マディソン』は使っては行けない

実は出会い系以外にも不倫サイトは存在ます。それはアシュレイ・マディソンという不倫サイトです。この不倫サイトを利用するという手もあるのですが、実はこのサイトにはある闇があります。

料金が高額すぎる

アシュレイ・マディソンは女性は無料なのですが、男性の場合は最低9800円からの購入が必要。ハッピーメールやワクワクメールの場合登録でさらに1200円分のポイント付いてくるので比較するとアシュレイ・マディソンはボッタクリ価格。

さらに男性は解約時に1900円料金がかかるのでこの不倫サイトをわざわざ使う理由が見当たりませんね。

 

アシュレイ・マディソンは過去に個人情報が流出した事例あり

2015年、顧客情報がハッキングされ、ダークウェブ上に流出。さらに女性会員の中に多数の架空のアカウントが登録されているという“サクラ”疑惑も生じると、サービスは一気に下火に。顧客情報流出などをめぐっては、各地で訴訟問題に発展する事態に陥っていた。

出典:東洋経済

実はこのアシュレイ・マディソンは過去に個人情報の流出事件を起こしてしまっている企業なのです。「人生は一度だけ。不倫しましょう」というキャッチフレーズを謳っていた不倫サイトですが、『不倫』というかなり危険な情報が漏れるのってかなり怖い。

過去にそういった理由から不倫サイトのアシュレイ・マディソンの利用はおすすめしません。

基本的に使うべきは出会い系のアダルト掲示板でしょう。

さらにここからはバレずに不倫アプリを上手に活用する方法を紹介していきます。

不倫アプリをバレずに使い浮気をする方法

不倫アプリを使っているのは誰しもバレたくないもの。でも不倫はしたい!そんな人のために限りなくバレずに不倫アプリを使う方法を解説していきます。

アプリにこだわりが無ければハッピーメールを使う

出会い系は数多くありますが、たくさんあるのでどれを使ったらいいか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?アプリ選びで特にこだわりが無ければハッピーメールをおすすめします。

というのも前述しましたが

・24時間の運営の監視体制
・明らかな業者は即排除
・非表示機能でバレずに使える

特徴としてはこの3つがあります。このなかでも『非表示機能』がとても使えるのです。この非表示機能は自分がいいね!したり、メッセージを送信した相手以外には自分が表示されないようにする機能。

つまりアプローチしたい好みの相手以外には自分が表示されないようにできるわけです。

この機能を駆使することで

・どうでもいい人からアプローチを受けない
・知り合いを見つけてもあちらからは自分がみえない

この2つのメリットがあります。やはり出会い系アプリの特性上どうでもいい人からメッセージが来ることはあります。でもそれに対応するのは煩わしいですよね。

そんな煩わしさを改善することができるのがこの非表示機能なのです。ちなみに非表示機能を使えるのハッピーメールだけ。

不倫目的でアプリを使う場合は顔写真は自分とわからないようにする

もしあなたが不倫アプリとして出会い系を使うのなら気をつけたいこと。それは自分の顔と判別できる顔写真を載せないこと。とはいえ、写真を載せないと反応が悪いのは明らか。

アジア系の拾い画を加工したり、プリクラや自撮りを加工しまくって知り合いに見られても自分を判別できないようにしておくと安全です。

やり取りするツールはLINE以外で行う

基本的にツールはLINEは使わないことが重要。スマホを見られてまず最初に見られるのがLINEというのはわかると思います。なのでそのLINEに不倫の証拠を残しておくわけにはいきません。

不倫相手との連絡のやりとりは

・出会い系のメッセージ内
・LINEじゃない別のメッセージアプリ
・Gメールを同じアカウントで共有してメッセージの『保存』で共有する  

上記が不倫をバレにくくするテクニック。LINE以外のメッセージアプリは数多くあり、カカオトーク、SNSだったらツイッターやインスタのDMなどを利用するのがいいでしょう。

LINEでやりとりするよりも確実にバレにくいでしょう。また出会い系を使っていることがばれないようにアプリのアイコンはスマホのフォルダーの奥深くに入れておくのがばれない秘訣。

不倫相手とデートする場所は自宅から遠くで

不倫相手とのデートをパートナーはもちろん知り合いにも発見されるのはまずい。可能な限り知り合いがいない自宅から離れたところをデートスポットにするといいでしょう。

出会い系を不倫アプリとして使いLINEは使わない!これで身バレは限りなく防げる

ここまでの話をまとめます。どんな不倫アプリを使い、どのように使ったらいいか?それは

・こだわりがなければ非表示機能が使えるハッピーメールを不倫アプリとして使う
・ハッピーメールにいい人がいなかったら他のアプリを使ってみる
・メッセージは極力LINEは使わない
・不倫デートは自宅の遠くで

これを徹底することでバレずに不倫をすることができるでしょう。

 

-その他

Copyright© Love Maker(ラブメーカー)|マッチングアプリを中心とした出会いメディア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.