大人の関係

不倫相手との連絡手段おすすめツール【7選】アプリでバレない方法を紹介します!

不倫相手とやり取りをする場合ですが、バレないようにするために対策をしている人もいると思います。

頻繁に連絡をしているとパートナーにバレてしまう可能性もあるので、注意したいところ。

 

「不倫がバレにくい連絡手段はある?」

「不倫相手と連絡を取りやすくなるツールは?」

「ライン以外に連絡できるアプリを知りたい!」

 

今回は、このような悩みを抱えている人のために、不倫をしている人が安心して利用できる連絡手段を紹介したいと思います!

複数の連絡手段の中で、どれを選べばいいか迷っている人は、要チェックですよ!

 

blank
ビジネスで使うことが多い、Slackやチャットワークも視野に入れると良いかもよ~!

 

よくわかる解説

バレないようにカモフラージュすべき

ビジネスツールが効果的

暗号を使うのも方法の一つ

不倫にバレずに使えるアプリは連絡手段であり、不倫相手を見つけることができません。

もしあなたが不倫相手を探しているなら既婚者OKの出会いアプリを使うことで相手を見つけることが可能になります。

気軽に出会えるアプリ


PCMAX
PCMAXアイコン
累計登録者数が1400万人を超える出会い系アプリ。現在も登録者数は右肩上がりで出会い易い!女性は無料で男性も無料ポイントが最大1000円分ついてくる。

>>>無料でPCMAXに登録(R18)


ハッピーメール
ハッピーメールアイコン
PCMAX同様に人気の出会いアプリ。累計登録者数は2000万人以上で国内トップクラスの実力。

>>>無料でハッピーメールに登録(R18)

blank


ワクワクメール
ワクワクメールアイコン
ハッピーメールやPCMAX以上に遊び目的で使われることがありは大人の関係を探している方が多いのが特徴。

>>>無料でワクワクメールに登録(R18)

blank

上記のアプリを使うことで効率よく不倫相手を探すことが可能ですが他のきっかけを見つけたい方はを不倫サイトは出会いに使うな!不倫相手の探し方・きっかけ5つの選択肢をチェックしてみてください。

また不倫をバレずにする方法としてデートスポットや会う頻度なども注意する必要があるので注意。

不倫相手との連絡で注意したい三つのこと!

不倫相手と連絡手段を紹介する前に、注意したいことがいくつか存在します。

それを意識した上で、連絡するようにしましょう。

 

具体的な注意点は、下記の通りです。

 

バレないようにすることが大前提

確実に連絡が取れること

リスクが低く利用できる

基本的にLINEは使わない

 

不倫関係は、パートナーにバレてしまった時点で破綻します。

バレる経緯の中で最も多いのが、連絡手段からです。

 

ライン等を使っているときに、通知が来てバレるというのが一般的ですね…

連絡をしたい気持ちはわかりますが、バレるリスクが高いということも把握しておかないと、関係が長続きせずに終わってしまいます…

 

そのため、これから紹介する注意点をしっかり把握した上で、バレにくい連絡手段を使っていきましょう!

不倫はバレないようにすることが大前提

まず、大前提ですが、不倫相手に連絡する際はバレないことが大前提です。

不倫関係がバレる理由は様々ですが、その大半が連絡先からバレてしまうというもの。

 

過度な連絡で怪しまれた

ラインの通知が表示されてバレた

スマホを見られた

 

この様に、連絡手段によって証拠が芋づる式に出てきてしまい、バレるのが一般的です。

 

blank
中でも特に多いのが、ラインの履歴だから注意しておきたいものね!

 

実際、ラインやメールというのは、削除しない限りは形としてそのまま残ってしまいます。

それだけでは不倫として立件されることはありませんが、他の人とい関係を持っていると判断されてしまえば、調査されることも少なくありません。

LINEを見られて不倫疑惑が生じてそこから足がついてしまうなんてことは避けたいので注意が必要です。

そのため、不倫だと裏付けられないように、連絡手段を選ぶことが重要です。

 

確実に連絡が取れること

不倫でバレずに使えるのは大前提ですが、確実に連絡が取れる方法を使うことも必要です。

  • 不倫相手にメッセージを送信したのに届いていな
  • 通知がされない
  • 操作を誤りやすい

こんな不倫の連絡手段は避けるべきです。

リスクが低く利用できる

最後に、信頼できるアプリを利用することです。

連絡手段をとるアプリには様々なものがありますが、中にはリスクが非常に高いものもあります。

 

これから紹介するアプリは問題ありませんが、アプリによってはデータ流出・情報漏洩の危険性があるアプリも存在します。

そういうアプリを利用するのはかなり危険なので、利用しないようにしましょう。

 

一般的に認知されていて、信頼性があるものを選ぶと良いです。

仮に、個人情報を盗むような意図があるアプリを利用して、情報漏洩してしまってからでは遅いですからね!

 

blank
いくらバレないとはいっても、そのリスクの中利用するのは危険よ!

基本的に連絡手段にLINEは使わない

もし、あなたがバレずに連絡したい相手がいるのなら絶対にLINEは避けるべきです。

不倫疑惑が出た時に一番最初にチェックされるのはLINE。

  • 友達リスト
  • 通話履歴
  • メッセージ内容

などなど不倫の証拠とまでは行かないまでもかなり怪しい内容も入っているはず。

LINEだけは避けてこれから紹介する連絡手段でバレるのを防ぎましょう。

LINE以外にもバレずに使える連絡手段はたくさんあるのでいくつか紹介していきます。

パートナーにバレず不倫相手連絡できるアプリを5つ紹介します!

不倫相手に連絡する際に注意したいことを解説したところで、オススメの連絡手段について解説したいと思います!

これから紹介するものは、実際に不倫をしている人の意見を反映させたものであり、私自身が実際に使っているものでもあります。

 

具体的には、下記の通りです。

 

ライン

Twitter

カカオトーク

Slack

チャットワーク

wechat

 

今回は、”危険度”として、バレる可能性があるものに星をつけてランク付けしています!

しかし、危険度が高いからといって、使えないというわけではないので安心しましょう。

 

また、これらのアプリを使う際は、くれぐれも”連絡先同期”をしないことです。

連絡先が同期されてしまうと、配偶者や知人などにアプリを使っていることがバレてしまい、怪しまれてしまいます。
※特にカカオトークは

 

そのため、リスクを下げる意味でもしっかり意識したいところです。

ライン:危険度★★★★★

まず、不倫の連絡手段の中でも、最も一般的なのがラインです。

定番中の定番とも言われており、使っている人も多いと思います!

 

スタンプなどを使えば、文字を打たなくてもコミュニケーションをとれるのでオススメです!

しかし、ラインは不倫が最もバレやすい手段といっても過言ではないので、注意しましょう!

 

不倫のLINE画像

 

ラインを見られなくても、このような通知が来たらバレてしまいますからね…笑

それを避ける意味でも、ラインの設定から通知を切っておくことが重要です。

 

LINEで不倫をバレずに

 

スマホの端末設定から行う必要がありますが、これを設定すると全通知が表示されなくなります。

それを避けたいなら、通知をオフにしたい相手の通知を切ると良いでしょう。

iPhoneの通知から設定することが可能であり、バレ防止につながります!

LINEを不倫相手との連絡ツールとして使うなら

  • 通知は完全にオフにする
  • 通話などしたあとは通話履歴も忘れず削除
  • 不倫相手との連絡のやり取りはすべてもれなく消す

最低限これだけのことはしないと不倫のやり取りからバレるリスクは高まりますのでLINEで不倫相手とのやりとりをする場合は実行しましょう。

不倫相手との連絡ツールとしてLINEは最もバレやすいアプリ。便利ですがリスクを最小限までに抑えるためにLINEの利用はできるだけ避けたほうがいいでしょう。

TwitterのDM:危険度★★★★☆

次に、Twitterです。

SNSの中でも、かなり連絡を取りやすい手段なので、不倫相手とのコミュニケーションにオススメできます!

 

具体的な使い方は、下記の通りです。

 

不倫相手をフォローしてやり取りする※メンションはしない

DMでやり取りする

 

ここで重要なのが、非公開アカウントにするという点。

 

blank

 

非公開アカウントは、アカウントを見られない限りは、フォローしないと呟きを見ることができません。

お互いが非公開アカウントにすれば、配偶者がTwitterを始めたとしても外部から確認できないのでオススメです!

 

また、Twitterを見られた時の対策として、公開アカウントで使う方法もあります。

その際は、お互いがわかる暗号を事前に決めておいて、Twitter上でつぶやくというもの。

 

第三者が見ればわかりませんが、本人同士はわかるので良い連絡手段になります。
※マメにチェックしないとレスが遅れる可能性があります

カカオトーク:危険度★★★☆☆

次に、カカオトークです。

カカオトークは、韓国発祥のアプリであり、ライン同様の機能を使うことができます。

 

 

 

スタンプやメッセージを送ることが可能であり、ラインのサブ垢として使っている人も少なくありません。

実際、ネットでは下記のように言われているほどです。

 

 

サブ垢として使うにしても、ラインを使えばいい話ですから、カカオトークが入っている時点で怪しまれてしまいます。

そのため、カカオトークを使う場合は、ホーム画面でバレない位置に置いておくのがベストです。

 

この様に、私はビジネスの項目に入れています!

ラインとは別のブロックにありますし、スマホを見られてもバレることはまずありません!

 

カカオトークの連携

 

カカオトークに登録する際は、連絡先を同期するかどうか聞かれるので、連携しないようにしましょう。

連携すると、配偶者や知り合いのアカウントが勝手に追加されてしまうので、怪しまれてしまいます。

インスタのDM:危険度★★★☆☆

20代30代など最近の若い人たちはSNSで出会うのも当たりまえ。インスタなどのSNSなどで連絡を取ることも0ではありません。

なので多少のリスクはありますが、LINEよりはバレにくいので連絡ツールとして使っても比較的バレにくいでしょう。

Slack:危険度★☆☆☆☆

Slackは、ビジネスをしている人なら使ったことがある人も多いと思います。

本来はビジネスツールとして使うのですが、使いようによっては不倫の連絡手段としても使うことが可能です。

 

本来、ラインやカカオトーク等は、IDで管理することが多いです。

しかし、Slackの場合は”ワークスペース”というものを作成して、やり取りを開始します。

 

スラックの使い方

 

こちらは、私が実際に使っているSlackのワークスペースです。

仕事関連のグループですが、これが正しい使い方です。

 

その下にある、”ワークスぺースを新規作成する”というボタンを押せば、ページを作成可能です。

 

スラックの使い方

 

すると、このように作成画面に移動します。

”○○会社・○○営業部”等でカモフラージュすれば、不倫がバレる可能性も少なくなります!

 

blank
少し複雑だけど、バレないためにはここまで徹底したいわ!

チャットワーク:危険度★☆☆☆☆

最後に、チャットワークの紹介です。

チャットワークは、ビジネスで最も使っている人が多い連絡手段であり、アンケートでも下記の結果になりました。

 

 

クライアントとの連絡手段として、チャットワークを使っている人が多いため、不倫相手との連絡手段としてカモフラージュできます!

実際、不倫といったら”カカオトーク・ライン”といったイメージが非常に強いので、チャットワークまで確認されることは少ないです。

 

むしろ、”仕事関係のものだから”といってスルーされる可能性が多いのです。

 

blank

 

チャットワークでは、パソコン・アプリの両方で利用することができますが、チャットで気軽にやり取りできます。

Slackほど面倒ではありませんし、アカウント作成後気軽に使えるようになるので、気になる人は使ってみると良いでしょう♪

TikTokも実は連絡アプリとして使える:危険度★☆☆☆☆

TikTokを不倫の連絡アプリで使う

基本的にSNSアプリであれば不倫の連絡ツールをして使うことが可能。カカオやLINEの場合はどうしても連絡ツールとしての印象が強いため怪しまれる可能性も高め。

そこで使うべきはTikTokなどの用途がDMメインでは無いツールです。特に20代や30代の場合はTikTokをショートムービーをみるツール程度にしか思っていない方も多いのでかなりバレにくい。

メッセージや通話もできるWeChat(ウィーチャット):危険度★☆☆☆☆

wechat

日本ではあまり馴染みがないですがLINEのように使われるWeChatというアプリがあるのでこちらもおすすめ。

日本や韓国ではカカオが使われますがその他の国ではWeChatの方が主流です。

そのくらい世界的には認知度が高いので不倫相手との連絡手段に使うことが可能。

大体このくらい抑えておけばほぼバレずに不倫相手を連絡をとることができるのではないかと思います。

 

不倫相手との連絡手段・ツール積極的に活用する方法2選!

不倫相手と、適切な連絡手段について解説しましたが、活用しなければ意味がありません!

ただ、ライン・カカオトークでは、頻繁に連絡をしていると、怪しまれてしまう可能性もあるので、注意したいところです。

 

不倫は我慢をしなければならないので、連絡が多少途切れても不安にならないことが重要です。

ただ、それでも”連絡したい”という人は、下記の方法を実践しましょう!

 

暗号を使う

連絡先の名前を変える

 

これは、私の知り合い(上司)が実際に行っていた方法です。

不倫がバレることが多い一番の原因は、相手とのやり取りを見られること。

 

つまり、カモフラージュ等をして”やり取りを見られても良い”ようにすれば、バレる可能性も低くなります。

暗号を使う

こちらは、Slackやチャットワークのビジネスツールを利用している際に、活用したい方法です。

例えば、不倫相手と日常的にやり取りしながら、会う約束をしたい場合、ライン・カカオトークでアポを取るのは危険です。

 

そこで、チャットワークで下記のやり取りをしましょう。

 

【例文】

○○様
お世話になっております、△△です。

先日お話しした打ち合わせの日程ですが

4月×日~時
4月×日~時

こちらであれば、調整可能です。

引き続きよろしくお願いいたします。

 

客観的に、こちらの文章を見て不倫をしていると思わないと思います。

日常的なやり取りは、ライン等で行い、会う際の日程調整はチャットワーク等で行うと、アリバイも作ることができますよ!

 

blank
これなら、不倫していると思われなさそうね!

連絡先の名前を変える

こちらも、不倫していた私の上司に教えてもらったテクニックですが、連絡先の名前を変えるというもの。

”ライン・チャットワーク”等で代用することができますが、不倫相手の名前を取引先の名前にするというものです。

 

不倫偽装
※掲載許可済み

 

こちらは、上司から送ってもらった画像ですが、電話帳の連絡先とチャットワークの連絡先が登録されていることがわかります。

しかし、実際に登録しているのは不倫相手の連絡先であり、名前でカモフラージュしているわけです。

 

頻繁に電話があるとしても、”取引先から”という言い訳ができるので効果的です!

女性の場合は、パート先の名前を登録しておくのも方法の一つです。
(例:スーパー○○、セブンイレブン○○店等)

 

よほど目立った行動をしない限りは、配偶者等にバレることはありませんよ!

まとめ:不倫の連絡アプリにカカオとLINEだけは避ける

不倫相手との連絡手段について解説したのですが、バレる経緯として最も多いのは、連絡を見られることです。

ラインやカカオトーク等で、親密なやり取りをしていると、疑われるのも当然ですよね…笑

 

不倫相手とのLINE

 

さらに、スマホを見られなくても、このような通知が表示されれば怪しまれます。

そうならないためにも、しっかりカモフラージュ等をして対応するようにしましょう。

 

ビジネスツールを使う

連絡先をカモフラージュする

暗号を使う

 

これらを徹底すれば、不倫がバレることも少なくなりますよ!

今回紹介した連絡手段は、どれも使えるものばかりなので、不倫相手と連絡したいなら活用すると良いでしょう。

-大人の関係

Copyright© スマホの恋|マッチングアプリの出会いを中心にオンラインの出会いを紹介するメディア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.